おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia 増粘多糖類 激安卸販売新品 お粥500ginnoboxタイプデキストリン おかゆ用 酵素 おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia 増粘多糖類 激安卸販売新品 お粥500ginnoboxタイプデキストリン おかゆ用 酵素 4087円 おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia おかゆ用 お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素 医薬品・コンタクト・介護 介護用品 介護食 とろみ調節 ソフティアU,ニュートリー,おかゆをなめらかゼリー状に,医薬品・コンタクト・介護 , 介護用品 , 介護食 , とろみ調節,おかゆ用,4087円,softia,/astragalomancy255179.html,お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素,lagoon-net.com 4087円 おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia おかゆ用 お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素 医薬品・コンタクト・介護 介護用品 介護食 とろみ調節 ソフティアU,ニュートリー,おかゆをなめらかゼリー状に,医薬品・コンタクト・介護 , 介護用品 , 介護食 , とろみ調節,おかゆ用,4087円,softia,/astragalomancy255179.html,お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素,lagoon-net.com

おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia 2020新作 増粘多糖類 激安卸販売新品 お粥500ginnoboxタイプデキストリン おかゆ用 酵素

おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia おかゆ用 お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素

4087円

おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia おかゆ用 お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素



ソフティアU(ユー)おかゆ用

お粥ミキサーゼリー用テクスチャー改良材
熱々のおかゆにソフティアUを入れてミキサーにかければ、
なめらかなおかゆゼリーが簡単に作れるテクスチャー改良材です。
そのまま器に移せば出来上がります。

70℃で固形化するため、冷却は不要です。

少ない添加量でも、しっかり固形化します。 

温度変化にも、時間経過にも大きな影響を受けません。

お粥をはじめとするでんぷんを含む食材はもちろん、他の食材にも使用できます。


商品情報


■内容
・500g


■賞味期限
製造日より1年
直射日光や高温多湿をさけて保存してください。

■栄養成分表示

ソフティアU(ユー) <100g中>

エネルギー289kcal
たんぱく質4.8g
脂質0g
糖質46.0g
食物繊維42.7g
ナトリウム276mg



■原材料
デキストリン、増粘多糖類、酵素
■ご使用上の注意
・お粥の温度が低い場合、固まり方が弱くなることがあります。鍋に移して、再度70℃以上に加熱し、冷ますとゼリーになります。
・本品はでんぷん分解酵素を含んでいます。他のでんぷんを含む食品に混入しないようご注意ください。また、本品を使用した調理器具などでその他のでんぷん食品を調理する場合は、洗い流してからご使用ください。
・透明な飲料などに使用した場合、ゼリーが白濁しますが、品質に問題ありません。
・開封後は密封して、室温で保存し、直射日光と高温多湿を避けて、お早めにご使用ください。
・品質管理には万全を期しておりますが、開封時、内容物の色、におい、味に異常がみられるものは使用しないでください。
・粉末をそのまま食べないでください。
・本品を使用することで確実に誤嚥が防げるものではありません。
・ナトリウム、カルシウムの影響をうける場合があります。また、乳酸カルシウムなどのカルシウム補給食品を使用される際はソフティアUの添加量を増やしてください。


おかゆをなめらかゼリー状に ニュートリー ソフティアU softia おかゆ用 お粥500ginnoboxタイプデキストリン、増粘多糖類、酵素

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

研究者と共に

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ